サウスニアレースホースクラブ

一口馬主といえば社台が王道なんですが、なんせ40分の一口という出資額の大きさがネックです。

そこで、サウスニアレースホースクラブ
をオススメします。

なにしろこの超良血馬揃い、そして全馬500分の一口という手軽さ。

預託する厩舎も一流どころがズラリ。

(この、クラブと厩舎のコネは意外とデカイんですよね!)

マル外が多いのも、サウスニアレースホースクラブ
の特徴です。

リスクヘッジという観点からも分散出資はかなり安心だし、複数の馬に少しずつ出資したほうがなにしろ楽しめます!

今なら入会金無料キャンペーン中!

無料パンフレット請求はコチラから


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日本対オーストラリア戦の視聴率が49%だったとか。

でもこれって、あくまでもNHK総合の視聴率ですよね?

我が家はNHK−BSで観てました。

スカパーで契約してる人はみんなスカパーで観てるでしょう。

つまりあの試合の視聴率として考えたら、49%どころではないですね!




社台募集馬 私の注目馬B

社台募集馬 私の注目馬。

今回はサンデーサラブレッドクラブ募集の関東馬。

ニシノエルハーブの05 牝(父シンボリクリスエス)
募集価格400,000円

この馬の兄を一口持ってるんですよ。

現在2歳で、父セイウンスカイ!

マロウブルーという名でデビューを目指しています!

トキオシンフォニーの05 牝 (父ファルブラヴ)
募集価格300,000円

異様に安いですね。お買い得かも。

オグリローマンの05 牝 (父アグネスデジタル)
募集価格500,000円

桜花賞馬にGI7勝馬の組み合わせでこの価格!!

予算の範囲内ではこんな感じでしょうか。

もうすぐカタログが届くんで、顔かたち、血統をもっと吟味したいです。


世界一簡単な高額馬券・万馬券投資競馬必勝法!!

社台募集馬 私の注目馬A

今回は、社台RH関西入厩予定馬で私の注目を挙げてみたいと思います。

血統の好みは前回と変わらずなのですが、

ビーチフラッグの05 牝(父ファルブラヴ)
募集価格500,000円

ライクリーティナの05
インディパレードの05 ともに牝 (父サクラバクシンオー)
募集価格350,000円

サクラバクシンオーの引退レースと引退式を観にいきました。

あまりの速さと強さに感動。
「いずれはバクシンオーの仔を!」と思ったのがもう12年前なんです。

ラストリゾートの05 牝(父ウォーエンブレム)
募集価格500,000円

ウォーエンブレム産駒って、ぶっちゃけどうなんでしょ?

リトルマイドリームの05 牝(父フサイチコンコルド)
募集価格400,000円

フサイチコンコルド産駒って、芝ダート問わず、距離もあんまり問わずの印象。
(データはよく知りません)
なんかお買い得感ありそうな。


予算の範囲内ではこんなところでしょうか。

レッドチリペッパー、エアトゥーレ、スカーレットブーケ、オレンジピール、ビハインドザマスク、シングライクトーク、グランパドドゥ、エリザベスローズ、ダンスパートナーなど、現役時代をおぼえてる母がたくさんです!
(出資は厳しいけど・・・)



社台募集馬 私の注目馬@

社台RH、サンデーサラブレッドクラブの募集馬一覧が届きました。

カタログはまだなんで馬体は見てないのですが、血統と価格(予算は500,000円まで。これを数人で共同出資。)からの私の注目馬です。

(といっても私は血統論者ではないし知識もないんで、あくまでも父母馬の好みだけです)


まず社台RH関東入厩予定馬では
オータムブリーズの05 牝(父シンボリクリスエス)
募集価格400,000円

まあ、オータムブリーズに出資してたんで、これは理屈抜きで注目です。

オータムブリーズは気性もおとなしく、いい母になったんではないか、と勝手に期待しています。
あの母の仔だけに気性難の仔は出ないかな、と。

あとは
マニックサンデーの05 牝(父シンボリクリスエス)
募集価格500,000円

これは、サンデーサイレンスの血がほしいから。母はGU勝ちだし。

グレイトフィーヴァーの05 牝(父ファルブラヴ)
募集価格450,000円

こちらは、ファルブラヴに注目してるから。そして価格が手ごろだから。
あの、シンボリクリスエスを完封したジャパンカップは印象的です。

ノーザンソフィアの05 牡
レアパールの05 牝(ともに父タニノギムレット)
両馬とも募集価格450,000円

タニノギムレットって、相当強かったと思います。

管理していた松田国英調教師も、「今まで管理した馬の中でも最強」というコメントを残していたそうです。

フラワーフェアの05 牡(父バトルライン)
募集価格400,000円

父は超良血。ダートに強そうなイメージです。(勝手な思い込みですが)

以上、社台RH関東入厩予定の私の注目馬です。


ちなみに今年の募集馬の最高値は、

ダンスパートナーの05 牡(父Kingmambo)
募集価格3,750,000円。 総額150,000,000円!

こちらは社台RH関西入厩予定です。

さすがに手が出ませんねえ・・・










社台の初出資A

2001年の秋に復帰した彼女は、500万平場を勝ち上がったものの、その後障害レースに転向しました。

ちなみに1000万条件で、このオータムブリーズと、同じく出資馬のブルーフレンチが対決!
オータムブリーズは着外でしたが、ブルーフレンチは2着!
これって凄いですよね!(すみません、自慢で)

障害で1戦、4着とまずまずの出だしでしたが、その後休養。
11ヶ月ぶりの復帰戦でいきなり障害初勝利!

次戦、福島JSではまさかの落馬競走中止でしたが、次のOP特別ではついに1番人気に!しかもオープンで!

生涯初の1番人気。
しかし、そのレース中にケガをしてしまい競走中止。引退しました・・・


「彼女の仔が社台から募集されたら、必ず出資しよう」と誓い合ったのが2003年の夏でした。

そして・・・

今年の募集で初仔(父シンボリクリスエスの牝 募集価格40万円)が募集されることに!

当時とはお互い立場もフトコロ具合も変わってしまいましたが、友人と出資を検討しております。


社台の初出資@

社台RH(もしくはサンデーサラブレドクラブ)へ、友人と二人で出し合う形で出資を検討したのは、1999年でした。

二人での取り決めは

・予算は一人25万円(募集価格50万円、総額2000万円)まで
・牝馬
・なるべく関東馬
・あの黄黒のストライプの憧れもあり、なるべく社台RHの募集馬

ということで、二人でカタログを熟読しました。

今となっては何の馬を申し込んだのか忘れてしまいましたが、当初二人が選んだ第1希望から第3希望は、全てハズレでした。

結局これがさいわいしました。

そして2次募集で、かねてから決めていた 

セプテンバーソングの98(牝、父ティンバーカントリー、母父リアルシャダイ)
募集価格50万円 

で出資が確定しました。

父ティンバーカントリーへの期待はもとより、祖母ダイナフェアリー、母の兄弟にサマーサスピション、ローゼンカバリーという血統に惹かれました。

また、産まれが早すぎず遅すぎず、馬体も小さすぎず大きすぎず、顔もかわいい、気性も素直、というところも気に入りました。

この仔はオータムブリーズと名づけられ、調教もケガなく順調にこなし、2歳秋にあの黄黒の勝負服を着てデビューを果たしました。

愛馬がこんなに順調にデビューすることだけでも素晴らしいことですよね!

そういえばこの頃、はじめて社台のパーティーに行ってきました。
調教師、騎手、社台総帥の吉田兄弟、井崎&淑子コンビを筆頭に、錚々たる面々に圧倒されました!

初戦からの芝戦はイマイチでしたが、ダート路線に転向した初戦、デビュー4戦目で勝ち上がりました!

明けて4歳、善戦はするもののなかなか勝てず、夏前に休養、放牧となりました。


あの夏、友人と北海道の社台ファームに、放牧中の彼女に会いに行ったんですよ。
東京から車を飛ばして・・・

超かわいかった!!


社台の募集がもうすぐです

私の一口馬主初勝利は意外とスンナリいきました。

先述のブルーフレアはいっこうにデビューしなかったもので、同じ世代の

ブルーフレンチ(牝)父ミシル母エーコーアゲン 

を400分の1口を追加で出資しました。

とにかく見栄えがよかったのが決めてでした。

そして3歳の夏に初勝利!

その後ダート路線に転向し、さらに2勝!

1000万条件で連続2着とかもありました。

この活躍に気を良くした私は、早くも社台の一口に出資しようと思い立ちました。

しかし一人で40分の1口はキツイ。

そこで友人を誘い、共同で一口持つことにしました。

社台出資への道はまた次回。

私の一口馬主遍歴

私は今まで9頭の馬に出資しました。

(うち、競争年齢に達していない馬が2頭います)

荻伏2頭、社台3頭、キャロット4頭です。


今回お話するのは、はじめて出資した荻伏RCの馬。


ブルーフレア(牝)父フジキセキ 母ノースハ−ミット 1998年産まれ

200分の1口。1口価格12万円。


私はフジキセキの底知れない強さに強烈な印象を持っていました。

「とにかくフジキセキの仔がほしい!」

ということで、あまり深く考えずに出資しちゃいました。


結論から言うと、4歳夏までデビューできず、2,3戦して引退・・・

しかも、今から考えると血統のわりに割高なような。

まあ、一口馬主も甘くないぞ!ということを教わった一頭です。


当時の荻伏RCはとにかく弱かった!

今でこそブルーコンコルドやブルーショットガンがいるけど、ブルーフレアの代の募集馬、たしか15頭くらいのうち、勝ちあがれたのは2,3頭だったような。

そのうちの一頭、ブルーフレンチは私の出資馬だったんですよ!

その話はまた次回。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。