日本ダービーの思い出

日本ダービーといえば、私の一番の思い出は、

第60回、ウイニングチケットが勝ったダービーです。


私の予想は、
◎ビワハヤヒデ(あのでかい顔が好きでした)
○ウイニングチケット
▲ナリタタイシン

馬連2点流しと、ビワの単勝を買いました。

予想がほぼ当たったからでもありますが、理屈抜きですさまじいレースでした。


「ダービーに勝てたら騎手を辞めてもいいくらいの気持ち」

と、言いつづけてきた柴田政人のウイニングチケットが、直線早めに抜け出す。

柴田政人と同期の岡部幸雄のビワハヤヒデが内から詰め寄る。
そして武豊ナリタタイシンが大外から飛んでくる。

しかし、ウイニングチケットをどうしても抜けない!

結局1着イニングチケット、2着ビワハヤヒデ、3着ナリタタイシン。

あの3頭の直線の攻防は今も強烈な印象として残ってます。

またあんなダービーが観れることを期待します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18489888

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。